TOP

保育理念
保育目標

まごめてくてく
探険隊とは

まごめはこんな
保育園

まごめの1日

まごめの行事

保育料
定員

アクセス

お問い合わせ

リンク

ぼくたちの保育園には庭がありません。街中がぼくたちの庭です。
ぼくたちはまごめてくてく探険隊です(*^。^*)


『普通』の保育所には「先生」って呼ばれる大人たちがいるけど、ボクたちの保育所には「先生」はいない。
“じゅんこちゃん”“こんちゃん”“しゅーとくん”なんて呼ばれている、ボクたちと一緒に遊んでくれるまごめてくてく探険隊の大人たちがいるんだ。

2003年6月に縁あって西馬込にある“洋館の素敵なお家”に引っ越したのさ!
広い家に引っ越しても、ぼくたちは部屋にじっとしていることは少ないよ。
「街」にどんどん遊びに出掛けちゃうからね。大人には通り過ぎるだけの道でしかないんだろうけど、ボクたちの探険隊に参加して、
ちょっとその辺の路地に入ってごらんよ。
するとそこには迷路のような抜け道になっていて、道なき道をたどって行くと意外な場所に出られたりする。
『秘密』の抜け道といった感覚だ。道や路地を探険するのは本当に面白いよ!君も参加するかい?

エーっと、それとね、街には宝物がいっぱいあるんだよ。ほんとうだよ。
『普通』の大人にとっちゃガラクタにしか見えないだろうけど、ボクたちには空き缶だって、こわれた傘だって、棒切れだって、
なんだって工夫次第で遊べる宝物になるんだぜ。案内してやらなきゃ、わかんないだろうけどなー。

あとねー、街には猫や犬やニワトリにウサギ、いつも寄り道しちゃう畳屋さんのクジャクに怒りんぼオウムにでかいカメ、なかよし動物がいっぱい。
それにこの街には原っぱや空き地がまだまだ結構あるんだぜ。
『普通』街なんて、何にもないように思えるんだろうけど、まごめてくてく探険隊なら、いろーんなことと出会えるから、最高だぜ!

けれど、「街を探険する」って、車やオートバイや自転車がうじゃうじゃ走っているから、危険がいっぱいなのさ。
だからボクたち探険隊としては、これを回避すべく『探険ルール』っていうのがあるんだ。

〈ルール1〉

車の洪水の大通りは騒音ばかりで探険にならない。もっぱら裏通りに探険は集中する。
だから手をつなぎながら二列に並んで歩くことはしない。ボクたちは思い思いに、自分の興味に向かって寄り道しながら歩いてゆく。
それはアリンコだったりタンポポだったり猫だったり・・・。だって、探険だもんな。

〈ルール2〉
そんな裏通りに車が来たら、「おーい、車がきたぞー!」「(壁に)ぺったんこだー!」ってみんなに声を掛けるんだ。
するとボクたちは両端の壁に「ぺったんこ」と張り付くんだ。

〈ルール3〉
あとねー、横断歩道では車が来ないかチャント見てから渡るんだよ。だって、青信号だからって安心できないじゃん。
乱暴な車っているもんなー。それと「チカチャン(点滅信号のこと)」になったら急ぎ歩きしなくちゃね。

そんなわけで探険隊員としての知恵を身につけながら、危険を回避し、未知の街を楽しくスリル満点に探険してゆく。
今日もすてきな遊びを見つけに、いざ出発!

本サイトの内容の転載・引用、またリンクについてのご連絡などはHP担当までお願い致します。 
Copyright© 2000-2017  Magome Kyoudou Hoikusyo  All Rights Reserved.