3月2日〜3月3日

くり 大ぐり通信『空飛ぶ三輪車お泊まり保育遠足』


 まごめからゆか、あやか、たくまが出発し、大森駅でみずえ、ゆうき、青い保育園(大人1人子供3人)と合流して駅を出発。高田馬場で西武線に乗り換えて東村山まで行ったが、大森駅→品川間の混み具合はすごかったよ。2本目の電車にようやく乗った次第。西武線はガラ空きだったよ。で、この間は子供達はゲームに熱中しながらの道中だったよ。

 東村山駅に着いて三輪車にtelして、車で迎えに来てもらった。園に行き、三輪車の子供達と合流し来るまで40分かかるといわれる「多摩川源流に近い羽村の河原に行こう」となったよ。みずえが心配そうに「ようかな〜」と言うので園から酔い止めの薬を、みずえ、ゆかともらって飲んで出発。子供達が車中ワイワイとさわいでいる間に到着。河原には小学生の団体がいたが、あっという間にいなくなった。

 ボク達はヤキソバ用の道具や材料、川遊びの道具等を持って河原に。子供達はさっそく燃やす枝をさがしにあちこちに散る。枝をいっぱい持って行くと、守る会事務局の佐藤さん、園長の土屋さんが日を燃し始めていたよ。あっという間にヤキソバが出来上がり、ボク達も青いが持っていたお弁当も全部出して全員でヤキソバとお弁当、おしんこ、リンゴ等をおかずにして食べたよ。食後は河原あそび。ゆうきはさっそく網で小魚をつかまえ、三輪車の子達にほめられていたよ。ゆか、あやか、たく、みずえも元気に疲れも見せず楽しそーに河原であそんでいたよ。くわしくはビデオを見てネ。そのうち支流で土屋さんが大網で小魚、小エビ、ザリガニ、メダカを取り始めると、みんなそちらに合流し、その腕さばきに全員見とれてしばし見学。網にはいろんな種類の魚が、そのたびに子供達は歓声をあげていたよ。からあげもついガマンしきれず大網を借りてやってしまったよ。休憩しようと全員で火の所にもどると、土屋さんが「火にあぶってウインナーを食べるとおいしいよ」と言うので次々枝にウインナーをさして子供達は火にあぶって楽しそーに焼いていっぱい食べていたよ。

 休憩後子供達は橋を渡って対岸の河岸へ探険に行き、帰り橋に戻ると佐藤さんがタコ上げを始めたので、橋のまん中で子供達のタコ上げ大会が始まったよ。そのうち夕焼けが出てきて「さー帰ろう」となり車で帰園。そのあとまたまた来るまでお風呂やさんへ。男女に分かれて風呂の中へ。さっそく男の子達は誰もいない外風呂の方に行ってやりたいほーだい。ジャンプするや飛び込みするや泳ぐやらもぐるやらで大いに楽しんでいたよ。湯上がりにアイスを食べ満足して帰園。ちなみに女湯は静かに楽しんでいたようです。

 園に変えると夕食が待っていた。カレーライスにギョーザ、中華風お肉におしんこにサラダ、みそ汁とたっぷりのごちそうにボク達は腹いっぱい食べ、からあげのこわ〜い話でzz‥大人は宴会で盛り上がり12時頃全員zz‥。翌日7時には次々と起きだしてきて、早い朝食が始まった。朝食は野菜サンドイッチにサラダ、タマゴがついて元気いっぱいになった所に、小さい子供達が次々と登園してきた。ボク達はここから歩いて15分位の所にあるという北山タンボ(前々回行った所)に出発。

 北山タンボは企業の手が入れられる所に土屋さん達が反対して市の公園タンボになった所で、広々して全面タンボになっていていつ来ても気持ちのいい所だ。男の子達は佐藤さんとこおりオニを楽しみ、女の子達はかおりさん(土屋さんのパートナー)とかくれんぼをしていたよ。でも、ゆか、たくまは少々疲れが残っているのかボーとあそびを見学していたよ。

 そのあと裏山の八国山(トトロでモデルになった山)に出発。この頃にはゆか、たくまも元気になって裏山に出発。山の入口に着くと園から小さい子達も来ていて、しばし一緒にあそんでからボク達は土屋さんの案内で八国山に出発。この山もとても気持ちよく、こんな山やタンボが園から15分位である環境にうらやましく思ったよ。ここでボク達は葉っぱのソリスキーに興じたよ。でもたくまはもうつかれからかうとうと状態になり、木の所に座ってしばしボーゼンとしていたよ。

 帰園すると昼食が待っていた。丁度3/3おひなさまという事で、三角オニギリにのりで着物に見立て顔はうずらの卵でオニギリに乗せ上手に作っていたのでびっくりしたよ。おかずもまたまた豪華で、その上になんとおひなさまの踊りのランチタイムショーありで、みずえまでゲスト参加し、大いに楽しんだひとときでした。

 楽しい時間も終了に近づき、ボク達は全員で記念撮影し、「今度はぜひまごめに泊まりに来てネー」と呼びかけて青いとまごめの子達は土屋さんに来るまで駅まで送ってもらい、帰りは逆コースで無事大森駅に着きました。駅で青いの富田さん、くみこ、まりん、なみことバイバイしてまごめに戻ってきたよ。来年度こそ三輪車の子達まごめに来るといいよネ。子供達お疲れさまでした。



本サイトの内容の転載・引用、またリンクについてのご連絡などはHP担当までお願い致します。 
Copyright© 2000-2017  Magome Kyoudou Hoikusyo  All Rights Reserved.